FullSizeRender
「お見合いを申し込んでも受けて貰えない」

「入会から3ヶ月経つのにまだ一度もお見合いしていない」

「申し込んでもスルーされる」

お見合いが組めない根本的な原因は2つ。

・自分の年齢などスペックを無視した申し込みをしている
・こだわりの条件が多すぎる。

相手の選び方次第で

婚活が成功するor難航するか決まると言っても過言ではありません。

皆同じ・求める条件は決まっている

結婚相談所入会者・相手希望条件⇩

最初はまず、ほぼ全員が下記の条件を求めます。

男性
5~10歳前後年下で容姿がタイプの女性
(実際10歳以上年下女性とお見合いが組めるのは年収が高い男性、年齢の割に若々しい等)

女性
年収が高め、顔も重視、年下か同い年
妥協しても5歳年上までが限界
実際には、10歳以上年上男性から申し込まれるので一回り年上男性OKにすれば飛躍的に出会いが増えると断言します(実行する人は少ないです)

相手に何か条件を求める場合、自らも求められる事を忘れてはいけません。

男女共に、自分の住んでいる地域から近い順、遠くても隣県。
全国対象ににればかなり選択肢・出会いが広がります

希望年収
女性は500万円を最低年収に掲げます。

しかし現実は30代男性で年収500万円、写真がイケメン風に掲載されれば申し込みは多く入ります。

女性は妥協したつもりでもお見合いが成立しないという地獄のジレンマに陥ります。

年収にこだわり過ぎる事は、自分も年齢を重ね更に出会いが困難になる、自分で自分の首を絞める行為といえます。

ルックス
やはり若くて美人が一番人気。

けれど女性は、35歳を過ぎると容姿端麗であっても年齢検索でフィルタリングされ、足切りされる事が多いのでいくら美人で性格が良くても出会えない悲劇が起こる。

もちろん美人なので申し込みは入ります。

しかし当の本人が会う前にルックスや年収で男性をスルーする。

それで出会えないと嘆く負のスパイラル、婚活市場で頻繁に生じる相手条件のミスマッチです。

自分が選べる、選ぶ立場と勘違いしていると、例え交際へ進んでも更にその先に進むのは難しいです。

どんな時もお互い様、という気持ちが大事です。

学歴
職種

そもそも親がエリート家系の場合、学歴や家柄を重視するのは当然なので、お相手にもそれ相応のものを求めます。

ハイスペック同士だと釣り合いが取れるので、スムーズに結婚まで進むことが多いようです。

相手に理想条件を求め、得られる人は同じスペック同士です。
等価交換と考えると分かりやすいでしょうか。

ブルーオーシャンで婚活する

婚活に難航・長期化し、どうにもならない人は理想が高い傾向にあり、難しい相手に申し込んでいる事がほとんどです。

こだわりを詰め込み、申し込み続けた相手は人気のある異性、言わばレッドオーシャンにいる相手です。

人気のある会員に申し込む=競争率の激しい市場で婚活している=ライバルが多過ぎて出会えない

人気のある男女には連日申し込みが殺到しています。

選べる立場の人は、当然良い条件の人も集まります。

写真映りが良く異性、若い年齢順に選んでいきます。


出会うコツは↓

ブルーオーシャン(競争相手の少ない市場)で婚活する。
ライバルの少ない市場で婚活する=出会える確率が少しでも上がる。

単純な確率論ですが
競争相手が少ない=結婚出来る確率が上がる。

妥協出来ないから婚活に難航する・・・。

妥協を妥当と捉える事が出来る人は成婚が早いのも事実です。

自分が勝てる場所はどこか?

結婚相談所での婚活は
・自分の立ち位置を見極めターゲットを絞る事
・競争の激しい激戦区で戦わない事
ポイントはこの2つ。

入会から二週間、一ヶ月は好みの異性に申し込んでもいい、しかし何十人申し込んでも受けて貰えない場合、考え・やり方を変えないと全く出会えない。

自分の立ち位置を理解しないまま申し込みを続けても相手が釣り合いが取れていないと受け取れば、結果スルーされます。

あなたは申し込んできた相手に違和感を感じた事はありませんか?

例えば34歳女性に60歳の男性からのお申込み。
親位の年齢の男性から30代女性への申込は普通によくある話です。
極端な例ですがわかりやすく言えば
釣り合いが取れない相手からの申し込みという事です

悲しい事に婚活では男性は年齢が若く容姿の良い女性を求め、女性も年収・年齢を妥協出来ない。

婚活は、まずは自分の立ち位置を見極める事。
そして人気のある相手、激戦区で勝負しない事。

確率論で考えて、人気のあるレッドオーシャンで婚活しても、成婚できる確率は低いです。

あなたがキレイ・イケメンと思う相手は、皆に人気があるので当然競争率が高くなります。

プロフィールで選ばれる結婚相談所においては

年齢を重ねる=市場価値が右肩下がり

早期で婚活を終わらせる行動を取る。
最速での成婚を目指し、行動しなければ婚活歴5年なんてあっという間です。

隙間産業的な婚活

男女共に35歳以上で、婚活歴が1年を越えたら赤信号です。

人気ある男女には申し込みが殺到する。
あなたがお見合いが組めない理由はシンプルに人気者に申し込んでるからです。

やり方としては、自分が望む条件を全てリセットします。

例)
年齢にこだわっていた→年齢にこだわるのを辞める
ルックスにこだわっていた→ルックスにこだわる事を辞める

敢えて年収を下げて、年齢は上げて、お見合い申し込みしてみる。


敢えて逆を行きます。

一番こだわっていた事を一旦手放してみる。

人によってはあり得ない事かも知れません。絶対にそれは出来ないという人も多いでしょう。

しかし実際これをやるとライバルが激減します
更に
・地域も広げる
・相手希望にこだわりの仕事があったならそれもやめてみる。
もっと出会いのチャンス増えます。

敵がいなくなり戦いやすくなった市場で自分の力を発揮してみては?
どう捉えるかで全ては決まります。

レッドオーシャンは恋愛強者のいる激戦区です。

お見合い初対面での対人スキル、交際へ入ってからのデート術、恋愛スキルが優れている必要があります。

人気の異性には常にお見合い申し込みが入り、常に比べられている状況です。

並み居る強豪相手に戦い続けられますか?

自分のいる場所で最大限力を出す、努力する。

婚活では、考え方、行動次第でチャンスは巡ってきます。
モノにするか、流れていくかはその人次第です。

条件をリセットし、婚活をリスタートしてみる。

婚活もある意味、隙間産業と捉え、誰も行かない所へ行ってみる。

こだわりを捨てるか?

妥協しないまま年齢だけ重ね、もっと出会えない状況に陥るか?

選ぶのはあなたです。

最初は50個あった譲れない条件も
最後は人柄や、一緒に居て楽が1番になる・・・

人それぞれどこにこだわるかは違うので一概には言えません。

一番皆がこだわる年齢と年収・容姿に幅を持たせる。ライバルの少ない相手に申し込んでみる

それだけで出会いの数が変わります。婚活はやり方で出会える、出会えないが決まる。

チャレンジするかしないかはあなた次第です。

関連記事



ランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!

お見合いランキング

この記事を書いたのはこんな人

入会面談ご予約フォーム

兵庫県明石市を拠点に、全国対応の結婚相談所
Rayマリッジ明石H・Pはこちらから



●当会提携フォトスタジオのご紹介(割引有)

●各種ブライダルのご紹介(割引有)
指輪・ドレス・結婚式場紹介、その他多数ご紹介