IMG_3136

LINEは常に
臨機応変、相手に合わせる
LINE一通で関係が終わってしまう場合もあれば
LINEで仲良くなればあっという間に成婚もあり得る

 LINEを使いこなして婚活を有利に進めよう!

こんなLINEは嫌われる
①愚痴
会社の愚痴を言うのはなぜか女子に多い!

男性が相手女性に気があればいいのですが
女性の悩み相談、愚痴だけになってしまうと男性は興味を失います。

ちなみに、女性はタイプの男性やこれから付き合いたいと思っている男性に対して、愚痴や文句は基本的には言いません。

②深刻な話・デリケートな問題


深刻な家族、親戚の問題NG

好かれる前に引かれてしまったら恋愛に発展しない。

③離婚理由や過去の恋愛話

深い関係になれば自然と話せるようになるので自分の婚活歴や失恋話など、相手にマイナスイメージを持たれる話は避ける。
女性は元彼の話や過去はこうだった、と言う人が多い。
男性は別れた前妻の文句や、離婚理由を延々と言うことが多い。

いずれにしても、深い関係じゃないのにする話ではありません。

離婚理由は本人が話すまで待ってみる。

聞きたい場合もデリケートな話なのでLINEではせず実際会って聞くようにしよう。

お見合いで聞いた内容をしっかり覚えておき
 LINEに活かします。

そのためには
お見合いでは、結婚したら〇〇とか、理想を語るのではなく、交際希望を取るために話すつもりで。


趣味
どんな食べ物が好き
普段どこで遊んでいる
このお店美味しかったよ
今度行きませんか?
など
日常の話をした方が盛り上がります!

お見合いの時に
結婚したら〇〇、理想の家庭など話す人がいます。

お互いを知る前にそれを語ってしまうと、あまりにも条件重視、露骨に感じられ、ドン引きされる事も。

(お互いに結婚の理想を話しあって、意気投合するならこの限りではありません)
お見合いで意気投合していて、次のデートもトントン拍子に決まり、フィーリングが合う同士なら、ドンドン LINEする事でより仲が深まります。

成婚が早いカップルほど、変な気を使わずたくさん連絡を取り合います。

だからこそ、関係が進むのが早いです。

LINEをわざと未読のまま放置したり、計算し過ぎると、チャンスを逃してしまいます。



お互い複数とお見合いをし、交際中でもお見合いは出来ます。

そんな時、連絡をスムーズに取れない相手だと
他に良い人いるかな?と、簡単に他の人に行きます。

・相手の反応を見ながら送る
・相手のLINEの行数に合わせる


相手が短文なのに、自分が長文ばかり送ったら次第に疲れてLINEが来なくなる事も。
女性の方がその傾向が強いので気をつけましょう。

・よそよそし過ぎるのも、なれなれし過ぎるのも✖

相手へのおもいやりがあれば自然と相手に合わせ、出来るようになるので、研究・実行あるのみ


まとめ

・LINEは、連絡を取り合う➕α簡単なコミュニケーションを取るツールだと考える。


・愚痴を延々と書いたり、自分の話をし過ぎたり、マイナスイメージを植え付けない。


・LINEで駆け引きをしない、わざと未読スルーしたり駆け引きテクを乱用し過ぎない。


・LINEの頻度は相手によりけり臨機応変


・LINEを送っても、相手が忙しそうだと感じたら

初デートまで LINEはせず、前日に待ち合わせ場所、時間の確認のLINEだけ送りましょう。

本当に忙しい人

 LINEが苦手な人(男性に多い)もいるので


連絡が無いからと言って、必ずしも脈ナシではないので決め付けて諦めないようにしましょう。

Rayマリッジ明石では、交際中のLINE術や、デートに関するあらゆるアドバイスを婚活経験者の仲人が行なっています。

婚活相談、再婚、子供の結婚にお悩みの親御様向け相談会も実施しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。



ランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!